介護に関する外国人雇用の法改正が昨年11月に国会で可決されました。

1.在留資格(就労ビザ)に「介護」が加わることになりました。

2.「外国人技能実習制度」が介護の分野にも導入されることになりました。

この2つの改正法はこの夏過ぎにも施行される予定になっています

重要な法改正なので、関係するみなさまにおかれましては、ご留意されることをお勧めします。