MENU
メニューを閉じる

ようこそにほんへ ようこそさいたまへ


しゃかいほけんろうむし・ぎょうせいしょし
くすはらじむしょ
だいひょう くすはらまさかず
ほゆうするしかく
  • しゃかいほけんろうむし
  • ぎょうせいしょし (しんせいとりつぎぎょうせいしょし)
  • ふぁいなんしゃるぷらんなー(CFP)
  • DC(かくていきょしゅつねんきん)あどばいざー
  • じつようえいごけんていじゅん1きゅう
  • たっけんし
  • にっしょうぼき2きゅう

わたしはみなさまがにほんこくないでせいこうしてしあわせになってほしいとおもっています。

わたしは、さいたまけんさいたましちゅうおうくのとうきょうにゅうこくかんりきょくのめのまえで「しゃかいほけんろうむし」「ぎょうせいしょし」「ふぁいなんしゃるぷらんあー」としてじむしょをひらいている「くすはら まさかず」ともうします。

がいこくじんのみなさまは、「にゅうこくかんりきょく」からきょかをもらわないと、にほんにながいあいだいることはできません。きめられたきかんをすぎてにほんにいるばあい、りゅうがくでにほんにきていてにほんのかいしゃにしゅうしょくするばあい、にほんにずっとすみたいとおもうばあい、いちじてきににほんからでてまたもどってくるばあいにもにゅうこくかんりきょくのきょかをもらわなければなりません。みなさまがにほんごのむずかしいしょるいをかいて、こんでいるにゅうこくかんりきょくにもっていってこれらのきょかをもらうのはたいへんです。わたしは「しんせいとりつぎぎょうせいしょし」なので、みなさまにかわってきょかをもらうためのしょるいをつくって、にゅうこくかんりきょくにいってしょるいをていしゅつすることができます。みなさまがじぶんのしごとやにほんでのせいかつにしゅうちゅうできるように、わたしがみなさまにかわってにゅうこく(びざ)やそのほかのしょるいをさくせいして、やくしょにていしゅつします。

にほんには「ろうどうほけん」と「しゃかいほけん」という「こうてき」なほけんのせいどがあります。これはにほんではたらくひとやそのかぞくをまもるせいどで、たいへんにありがたいせいどなのですが、しくみがふくざつなのでなれないみなさまがてつづきをするのはたいへんです。また、にほんにはろうどうにかんするほうりつがあります。わたしは、このせいどにかんして、みなさまにあどばいすをして、みなさまにかわってしょるいをさくせいして、たんとうのやくしょにていしゅつします。このしゃかいほけんとろうどうほけんのぎょうむとともに、みなさまのかいしゃのきゅうりょうのけいさんをしたり、かいしゃのなかのきまりをつくったりもします。こじんのみなさまにたいしても、ろうどうほけんやしゃかいほけんについてもあどばいすします。なれないみなさまにかわって、わたしがこのふくざつなてつづきをすることで、みなさまがしごとやべんきょうにしゅうちゅうできるようにして、にほんでのせいかつをかいてきにできるようにします。

にほんはいま、ぎんこうの「よきんこうざ」をつくるのがたいへんです。また、にほんにはみなさまがあまりしらないきまりやしゅうかんがあります。わたしはみなさまにたいして、にゅうこくするときのてつづきとみなさまのろうどうほけんやしゃかいほけんのてつづきだけでなく、にほんでくらしやすいように、にほんのきまりやしゅうかんをあどばいすをしたり、ぎんこうこうざのさくせいのおてつだいをして、みなさまがにほんでせいかつしやすいようにとーたるにきょうりょくします。まずはいーめーるをおくってください。


おでんわでのおといあわせはこちら
048-711-5764

しょざいち
〒338-0002
さいたまけんさいたましちゅうおうくしもおちあい
5-10-5 アステリVIP

うけつけじかん
げつようび〜きんようび
9:00〜18:00
PAGETOP
Copyright © 社会保険労務士・行政書士 楠原正和事務所 All Rights Reserved.